今話題のセラミド化粧品、おすすめなのはコレ!
セラミド化粧品の体験談・口コミ・商品紹介

セラミド化粧品のトライアルセットなどを実際に購入して、使ってみた感想をまとめています!化粧品選びの参考にしてみてください♪

今話題のセラミド化粧品を
実際に使ってみました!

セラミド成分が配合されている化粧品とそうではない化粧品との違いは、ズバリ、肌の水分保持力にあります。セラミド化粧品を実際に使用したお試しレポで自分にあったセラミド化粧品を見つけましょう!

セラミド化粧品とは?

セラミドってよく聞くけれど‥

最近よく聞くセラミド化粧品って?

美容に興味のある方の多くが耳にしたことがあるであろうセラミドですが、今更ながらにセラミドって一体なんですかとは聞けないものではないでしょうか。
セラミドは一言で言ってしまうと、乾燥からその肌を守ってくれる保湿に優れた成分として有名です。

セラミドをより詳しく解説すると、人間の肌というのは、上層から、皮脂膜、そして角質層とされている細胞間皮質などがまとまっているいわゆる角質層。
そして本題の肌の順に重なっています。
最初の盾となる皮脂膜。
そして第二の盾となっている外界から肌を守るのに非常に重要な役割を果たしている角質層。
この角質層を形成している細胞間皮質。
この細胞間皮質の成分の40パーセントから60パーセントがセラミド成分だと言われており、重要な役割を担っています。

化粧品などに利用されるセラミドには、種類があり、それぞれに違った特徴を持っていることも、覚えておきたい知識です。
大きく分けて4種類あり、天然セラミド、植物性セラミド、バイオセラミド、合成セラミドが存在しています。

天然セラミドの特徴としては、セミラド1から7までが全て含まれており、馬を原料としていることが多い、動物由来のセラミドです。
人間の肌への親和性と浸透性に優れているという特徴を持ちます。
次に植物性セラミドですが、米やとうもろこしなどの植物が原料になっているセミラドです。
近年では、こんにゃくを原料としたものがローコストでアレルギーの方にも使いやすいということで注目をされています。

バイオセミラドですが、これはその名の通り、酵母を使い、人間の肌に存在しているセラミドと酷似させて作った人工的なセラミドです。
天然成分に負けない効果である上、ローコストで安全性まで考慮された優れたセミラドと言えるでしょう。

最後に合成セラミドです。
前述のバイオセラミドと似ていますが、違っているのは、セラミドに似ている物質や成分を科学的に調合し、合成をして作るということです。
似てはいるものの、あくまでも似ているだけでセミラドとは違うものです。
ですから別名で、擬似セラミドとも呼ばれています。
ただし、その分ローコストで手に入れられるお手軽な特徴を持っています。

セラミドの全てを語ることは、あまりに種類や情報量が多すぎて難しいですが、化粧品などでセラミドが配合されているものを利用しようとした場合、ここで紹介したようなある程度のセラミドに関する知識を有していれば、ご自身の目的を達成しやすくなるのではないでしょうか。

セラミドが配合されている化粧品は何が違うのか

セラミド化粧品は通常の化粧品に比べ、細胞脂質間の水分保持力が高い

セラミド成分配合なんて宣伝文句の化粧品は、化粧水や美容液の分野では、当たり前に目にすることが多いですよね。
しかしながら、その実、セラミド成分が配合されている化粧品と、セラミドが配合されていない化粧品との違いを説明出来る方は少ないものです。

セラミドの他にも、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌になにかしらの効果を与えてくれる有効成分入りの化粧品と、これらが一切入っていないものとでは、何がどう違うのか。
これを把握しれば、ご自身の肌質に合わせて、一番メリットが高い化粧品を選択することが出来るようになるのではないでしょうか。

セラミドは主に角質層の保湿機能を補ってくれる成分です。
美肌には保湿が重要だということをご存知の方は多いと思います。
肌の水分量が低下してしまうと、乾燥肌になることは容易に想像することが出来ますが、この他にも沢山の肌トラブルを招く要因となってしまいますから、注意しましょう。

セラミドが配合されている化粧品の方が、肌の第二の盾と言われている細胞間脂質における水分保持力に圧倒的な違いをもたらすことになるのです。

この細胞間脂質ですが、この細胞間脂質の構成成分とほとんどをセラミドが占めしています。
セラミドの他にも、当セラミド、コレステロール、コレステロールエステルや、遊離脂肪酸などで構成されているものの、やはり構成量を見てみるとセラミドが圧倒的に多く、それを補給してあげることで、肌の水分保持力をあげることが出来、高い保湿状態を保つことが出来るのです。

逆にセラミドが足りない状態になってしまうと、細胞間脂質の階層において、水分保持が出来なくなってしまいます。
結果として肌は乾燥し、スカスカの状態になります。
当然に紫外線や外界からの刺激から守る第二の盾としての働きも鈍ってしまうことから、乾燥以外にも、様々な肌トラブルを引き起こす要因となってしまうのです。

セラミドが配合されている化粧品などを使っても、ただただ潤いをもたらしてくれるだけじゃないかという考えの方もいらっしゃいますが、前述にある通り、セラミドが不足すると様々な肌トラブルを結果的に招いてしまうということを考えると、セラミドが配合されていない化粧品と比較すると、大きな違いだとは言えないでしょうか。

セラミド化粧品を選ぶ際のポイントは?

細胞間脂質の構成成分のほとんどがセラミドということをご存知の方は多いのではないでしょうか。
細胞間脂質では、水分を細胞間脂質では、サンドウィッチ状に挟みこむようにして閉じ込め、水分保持力を維持しているという状況なんです。
セラミドが不足してしまうと、この状態を保つことができなくなり、保持力が低下して、乾燥肌や肌荒れを招くことになります。

そこでセラミド化粧品を選択することがベターなのですが、セラミド化粧品と一言で言っても、本当に沢山の商品が存在しているのです。
セラミド化粧品だからといって、安易に商品を選んだとしても、それぞれの肌に違いがあるように、自分が望んでいるような効果をもたらしてくれるものと、そうではないものがありますから、ポイントをしっかりと押さえた商品選びが重要になってきます。

繰り返しになりますが、セラミド化粧品に配合されるセラミドは、大きく分けて4種類に大別出来ます。
天然セラミドと、ヒト型セラミド、植物性セラミド、合成セラミドの4つです。
天然セラミドは、主に馬などの脳や脊髄といった部分から抽出されるセラミド。
ヒト型セラミドは、酵母を利用して生成された人間の体内に存在しているセラミドとほぼ同等の化学構造で生成されているセラミドです。

植物性セラミドは米や小麦胚芽油などから抽出されたもので、合成セラミドは石油原料などから抽出されるセミラドで別名擬似セラミドと呼ばれています。

この中で、やはり最も相性が良いとされているのがヒト型セラミドです。
理由は、前述にもある通り、人間の体内に存在しているセラミドと同等の化学式で生成されているため、相性が良いとされているからです。
中でもセラミドナノスフィアと呼ばれるものであれば、ナノサイズの小さな大きさですから、浸透力が格段に違うという特徴があり、オススメです。

更にセラミドの特徴として、油に溶けやすい油溶性であるため、水分量が多めのスプレーのようなタイプではなく、乳液やドロリとする触感のようなテクスチャータイプやクルーム状の化粧品がオススメです。
水分量が多いサラサラ状のものは、配合量が少なく、界面活性剤が多く含まれている可能性が高いからです。

他にも、セミラド以外にも保湿効果が高いとされているヒアルロン酸やコラーゲンといった成分が混ざっている商品がオススメです。
セミラドを含め、潤い三大成分とされているこれらの成分が配合されていることで、より高い相乗効果が期待出来るのです。

当サイトでは、セラミド化粧品について個人が使ってみた感想や体験談、口コミでの評判や情報収集した内容をまとめています。
各商品によって、期間限定のキャンペーンや特別割引などもありますので、気になる商品があったら各公式サイトでの最新情報をチェックしてみてください。